八柱霊園はなぜ東京都立?その答えは歴史に隠されていた?

八柱霊園はなぜ東京都立なのか気になる声も少なくありません。

この理由について調べていくと、八柱霊園の歴史にヒントが隠されていました

都立の理由と歴史についてご覧ください。

都立霊園とは?

都立霊園とは、東京都が管理、運営している霊園を指します。

現在は八柱霊園を始め、多摩、雑司ケ谷、谷中、八王子、青山、小平、染井の8ヶ所にあります。

都立霊園の歴史は江戸時代に遡り、当時は寺請制度が一般的な中、明治時代に入り埋葬に対する考えが変わり、一部の地域では禁止され始めました。

その後、明治政府は「墓地取扱規則」を制定し、9ヶ所を公共墓地に指定し、委託された東京会議所が9ヶ所のうち8ヶ所を造成し、公共墓地の事務に関する業務を仕切る形となりました。

しかし、人口の増加や都市開発が進むにつれ墓地の造成が必要となり、1923年に多摩霊園が造成されてから都内に各霊園も造成されるようになりました。

【八柱霊園の歴史】都立なのはなぜ?

八柱霊園は、1935年に千葉県東葛飾郡八柱村(当時の名称)に開園されました。

そして、当初は都立ではなく市営霊園として運営されていました

しかし、都制施行により1943年に都立霊園として東京都に管理、運営が引き継がれました

そのため、現在は「東京都立八柱霊園」という名称となっています。

歴史はそこまで古くありませんが、多くの有名人が眠っていることでも知られています。

八柱霊園に眠る有名人や著名人について

また、2013年には合葬式墓地(納骨堂)ができています。

八柱霊園の建墓なら「良心石材」へ

八柱霊園でお墓を建てる、墓じまいなどをご検討の際には、当店へお気軽にご相談ください。

お値段も他社より平均して41万円ほどお安くさせていただいております

八柱霊園で墓石を建てるなら「良心石材」へ

過去に「1500基以上」の実績と経験もございますので、何かお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

無料相談はこちら

  • facebook
  • お墓選びガイドブック
  • おまいりまもり50 100
  • facebook

お墓のご相談 お見積りはこちら

  • 電話番号: 0120-862-920
  • 資料請求・お問い合わせ
ページ上部へ